読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

carari*an

「初マタママ」の妊娠・育児ブログです。日々の疑問やできごとを記していこうと思います。

母の死

介護

昨日、12月27日(火)の朝8時8分。

61歳という若さで最愛の母が亡くなりました。

すい臓癌を起因とする腹膜播種が原因だと思います。

(実家に帰省できていないため、正確な死因は聞けていません。)

 

2015年1月末に20数センチにも肥大した卵巣腫瘍の発覚をきっかけに

その後、同年2月にすい臓癌が発覚。

(卵巣腫瘍は誰がどこから見てもでかくなりすぎていて、病院の先生は

『こんなになるまで病院に来ないのはなぜ?』とドン引きでした。)

 

すい臓癌が発覚した際に宣告された

“早ければ3か月、平均6か月、長くても1年…”という余命からは考えられない程、

一生懸命頑張ってくれた1年11カ月という闘病生活でした。

 

母の死に際し、溢れる想いでいっぱいですが…、

実際にはまだ実感もなく、年の瀬に新幹線で8時間もかかる実家に

戻れるわけもなく…(予定日が1月3日なので飛行機にはもう乗れません。)

時間が許す限りSkype越しに母の寝ている姿を見つめていますが、

実際には何をしてよいかもわからず、時折訪れるパニックのような発作に

耐えるばかりです。

 

そんな状況なので、落ち着くまでブログは少しお休みします。

 

また、昨日は39週0日目の妊婦検診でもありましたが…

39週にしては珍しい程、赤ちゃんは下がってきていないし、

子宮口は開いていないし、痔はひどすぎるし、体重は15キロ増加だし、

自ら難産にしている。どうしたもんかいな?ということで

散々注意を受けました。

 

ですが、母に赤ちゃんを見せられなくなってしまった今、

そして、今日明日産まれたところで母に最期の挨拶もできない今、

正直、赤ちゃんに急いで出てきてもらう必要はなくなったので

もう好きなだけおなかにいたらよいと思っています。

 

胎盤の石灰化も始まっているようなので、そのうち出てくると思います。

もう気長に待つことにしました。

それでは、しばらくブログはお休みします。

またお休み明けによろしくおねがいします。